男性更年期外来

男性更年期外来

体の不調を年齢のせいにしていませんか

男性更年期障害(LOH症候群)とは

男性ホルモン(テストステロン)の低下によって引き起こされる症候群。
男性更年期は、大きく三つあります。

  • mental:こころの症状
  • physical:身体の症状
  • libido:性の問題

一般に、テストステロンの量は10代前半から急激に増え始め、20歳ごろをピークに年齢とともになだらかなカーブを描いて減少していきます。

ところが何らかの原因でテストステロンが急激に減少してしまうと、体はバランスを崩し、さまざまな不調を引き起こすのです。テストステロンを減少させる代表的な原因は、ストレスといわれています。テストステロンは大脳の視床下部からの指令によって主に精巣でつくられますが、心理的ストレスを長く受け続けて交感神経優位の状態が続くと、この指令が上手に機能しなくなるのです。

男性の40~60代に患者数が多いのは、加齢によるテストステロンの減少に加えて、職場でも家庭でもストレスの多い時期だからといえるでしょう。

  • ○知的活動、認知力や見当意識の低下、易疲労感や抑うつ気分、気分の変調
  • ○睡眠障害(中途覚醒や早朝覚醒、入眠困難など)
  • ○性欲の減退や、勃起能の質と頻度の低下、とりわけ夜間睡眠時勃起の減退
  • ○筋容量と筋力低下による脂肪を除いた体重減少、内臓脂質の増加
  • ○体毛と皮膚の変化:体毛・陰毛の減少、皮膚の張りの喪失
  • ○骨減少症と骨粗鬆症に伴う骨塩量の低下と骨折のリスク増加

「最近、やる気がない」「体力が落ちた」「妙に不安になったり、イライラすることが増えた」「夫婦生活が随分減った」「性欲がなくなった」など・・・ 年齢のせいや、日々に忙しさのせいにしていませんか? ”当たり前”とか”仕方ない”で済ませている方も多いのではないでしょうか。
また、時として、精神科の病院で「うつ病」と診断されて、長らく治療を行っているものの、中々軽快しない男性たちもおられます。
このような方々の中には、男性更年期障害(LOH症候群)が隠れていることがあるのです。
心当たりのある方、ぜひ一度、当院にご相談ください。

男性更年期外来(完全予約制)詳細

初めての受診

  1. まずは、お電話でご予約ください
  2. 受付にて、男性更年期外来の受診の旨をお伝えください
  3. 問診票、QOLスコアを記入していただきます
  4. 医師による診察・面談
  5. 検査・測定
    • 採血
    • 体組成計(インボディー)検査
    • 骨密度測定
    ※検査結果について
    • 結果・評価につきましては次回の診察時に行います。
    • 結果表については当日お渡しできませんのでご了承ください。
    • 結果報告は来院のみの対応となります。(郵送はおこなっておりません)
  6. 会計の際、受付にて次回のご予約(約2週間後)をお取りください。

2回目の受診

  1. 受付にて、2回目の男性更年期外来、受診の旨をお伝えください
  2. 医師より、検査結果説明と診断をお伝えします
    ●男性更年期障害と診断され、その治療を必要と判断された患者様 自費による治療を行っていきます。
    〇ホルモン(テストステロン)補充療法 〇漢方薬 〇軟膏
    ●内科的診断や心療内科的な診断が疑わしい場合は、以降、保険診療にて、当院内科・心療内科が対応させていただきます。
  3. 会計の際、受付にて次回のご予約をお取りください。

男性更年期外来では、定期的な検診をおすすめしています

1~2ヵ月に一度を目安に、定期的な検査により、ご自身の体の状況を確認でき、健康増進へ繋がると考えられるからです。検診の時期に関しては、医師よりお伝えいたします。

男性更年期外来料金

男性更年期診察 初回(心電図、前立腺エコー検査含まない) ¥16,500(税込)
男性更年期診察 初回(心電図、前立腺エコー検査含む) ¥22,000(税込)
男性更年期診察 2回目(結果説明) ¥0
男性更年期・定期健診(診察・結果説明含む) ¥11,000(税込)

採血による、血液検査のみでの検査も行っています

総・遊離テストステロン(男性ホルモン)+亜鉛(血清) ¥6,600(税込)
総・遊離テストステロン(男性ホルモン)+亜鉛(血清)+PSA(前立腺がん) ¥8,800(税込)

検査・受診時の注意点

  • 正確な男性ホルモン値を測定するためには、採血は午前中が望ましいとされていますので、当院では、午前中の来院をお願いしております。採血以外の検査を別日で希望される方はご相談ください。
  • 前日の暴飲・暴食・飲酒は避けて頂き、前日は十分な睡眠をお取りください。
  • 高血圧症など循環器科系のお薬を服用されている方は、当日受診の2~3時間前までに少量の水で服用後、採血を受けてください。
  • 糖尿病、その他の内分泌疾患にて内服治療中の方、その他の薬を常用されている方は前もってご相談ください。
  • ペースメーカーをご使用の方は体組成計(インボディー)検査はできません(料金はかわりません)。