呼吸器内科の専門外来始めました

「うつ」の患者さんにみられる「睡眠障害」
⇄「睡眠障害」の患者さんにみられる「うつ」

夜間睡眠障害は日中の眠気、意欲低下、作業効率の低下、倦怠感などあらゆる面でパフォーマンスの低下を引き起こす原因となります。「睡眠時無呼吸症候群」はその代表的な疾患といえます。

当院では呼吸器内科専門の内科医師の診療が始まりました。

今後とも、各診療科の協力体制を充実させていきます。

■医師
峰村 広(みねむら ひろし)

■資格
日本内科学会 認定医
医学博士

■診療科
内科・呼吸器内科

■略歴
1987年3月 埼玉医科大学卒業
1989年6月 日本大学医学部 呼吸器内科
1990年1月 国立立川病院  呼吸器内科
1998年1月 武蔵野総合病院
2019年7月 現職